遠州織物

 静岡県西部の遠州地方は古くから綿織り物が盛んで の地域で生産される織物は総称して 遠州織物と呼ばれていま

 江戸時代から続くこの伝統織りは 現代では貴重な旧型織機(シャトル織機)を用いて織り上げられます。

 この緯糸を左右に渡すシャトル織機の特性上 織機の高速化には限界があり一つの織機で1日に織ることが出来る生産量も限られています

それにより時間をかけゆっくりと織る事でしか出せない 

凹凸のある独特の風合いがうまれ ふっくらとした生地に仕上がります

 この非効率的な伝統の織機と 職人さんの手で丁寧に織られることでうまれる優しい質感

 

 高温多湿の日本の風土が産んだ 使うほどに馴染む心地よい生地をぜひ 味わってみてください

 

0E6AECB6-1ED1-43A8-8AFA-6E0865101FBF.jpg